経営の基本理念

ノーマライゼーションの理念の下、共生社会の実現を願い、障害者総合支援法の趣旨を体し、利用者の自立への意欲を醸成することを目指します。併せて、障害者の 健やかな生活と安全で、安心して生活が送られ、信頼される施設づくり を目標とします。経営に当たっては、次の理念の基に経営を行います。

1、「慈光の精神」による経営
「慈しみ、温もり、温かみ」による福祉サービスの提供を行います。

2、「安全・安心・信頼」を基調とする経営
利用者が安心して、慈光園のサービスを選択し、そのサービスの提供に当たっては、安全で、地域から信頼されるサービス事業の運営を行います。
(安全で、安心できる、利用者からも 地域からも信頼され、評価される福祉サービスの提供を行います。)

3、「共存の精神」による経営
「ともに 暮らすこと、暮らすことを共にすること」という共存の精神により、公正で 公平な経営を行い、
利用者のより良い生活の実現に寄与します。

4、健全な財政運営
健全な財政状況は、良質なサービス提供の基盤であるとの視点の下に、健全な財政の運営に努めます。

沿革

1967年昭和42年3月24日社会福祉法人 長崎慈光園設立認可初代
理事長
竹内清吾
6月11日更生寮開園(定員30名)
17日有限会社 長崎慈光園農場設立
昭和42年4月20日更生寮 定員40名に増員
10月15日更生寮 定員55名に増員
1969年昭和44年4月1日更生寮 定員70名に増員
11月30日職業訓練棟(窯業棟)竣工
1973年昭和48年4月1日復帰寮開園(定員20名)
1975年昭和50年4月1日授産寮開園(定員50名)
更生寮 定員50名に変更
29日優良民間福祉施設として御下賜る金拝受。記念塔建立
1977年昭和52年10月1日第2代目
理事長
山口明正
昭和53年7月1日復帰寮 定員30名に増員
1981年昭和56年11月20日多目的機能回復訓練棟(体育館・倉庫)竣工
1982年昭和57年8月17日食堂棟竣工
1983年昭和58年2月25日復帰寮自立訓練棟竣工
1987年昭和62年10月1日第3代目
理事長
松尾常盤
1989年平成元年9月1日グループホーム「おおとり荘」開設(定員4名)
10月1日軽作業棟改築
1990年平成2年10月1日第4代目
理事長
中嶋光次
11月9日優良民間福祉施設として厚生労働大臣より全国表彰
1992年平成4年5月31日有限会社長崎慈光園農場解散
11月1日グループホーム「しらさぎ荘」開設(定員4名)
1993年平成5年10月26日母子像建立
1995年平成7年2月23日農業倉庫竣工
7月20日窯業棟改築
10月1日グループホーム「すみれ荘」開設(定員6名)
1998年平成10年3月31日更生寮及び管理棟改築
2003年平成15年3月31日復帰寮(男子棟)改築
4月1日支援費制度(契約制度)施行
2005年平成17年10月1日第5代目
理事長
田中龍彦
2006年平成18年3月31日児童デイサービス「ホープ」開業(定員10名)
10月1日日中一時支援事業受託(定員10名)
【佐世保市・川棚町・波佐見町・東彼杵町】
新法移行
・者短期入所(併設型4名)
・共同生活介護、共同生活援助「すてっぷ」(定員14名)
・児童デイサービス「ホープ」(定員10名)
2007年平成19年2月13日授産寮(男子棟)改築
4月1日多機能型事業所ぶろーど開業
・自立訓練(生活訓練)事業(定員10名)
・就労継続支援B型事業(定員10名)
就労支援助成事業開業(ジョブコーチ)
5月1日CH・GH「しろやま荘」開設(定員4名)
・共同生活介護、共同生活援助「すてっぷ」(定員18名に増員)
10月1日障害者委託訓練事業開業
2008年平成20年4月1日児童施設あすなろ開園(定員60名)
【旧県立光が丘学園民間移譲】
児童短期入所事業開設(空床型6名)
6月1日特定法人貸付事業開始(川棚町と締結)
平成21年9月1日CH・GH「しろやま荘」増員(定員6名)
・共同生活介護、共同生活援助「すてっぷ」(定員20名に増員)
2010年平成22年4月1日第6代目
理事長
白川利勝
2011年平成23年4月1日CH・GH「かろやか荘」開設(定員5名)
・共同生活介護、共同生活援助「すてっぷ」(定員25名に増員)
6月10日「悠ゆう苑かわたな」開店
9月1日CH・GH「さわやか荘」開設(定員4名)
・共同生活介護、共同生活援助「すてっぷ」(定員29名に増員)
多機能型「ぶろーど」
・自立訓練(生活訓練)事業(定員6名に減員)
・就労継続支援B型事業(定員20名に増員)
平成23年9月1日新法移行に伴い新体系へ完全移行
更生寮、授産寮、復帰寮、者短期入所(旧法併設)廃止更生寮⇒第一長崎慈光園
・施設入所支援「ゆったり」  (定員50名)
・生活介護「ほほえみ」    (定員50名)
・短期入所(併設型定員4名)授産寮⇒第二長崎慈光園
・施設入所支援「のどか」   (定員40名)
・生活介護「にこやか」    (定員20名)
・就労継続支援B型「ほがらか」 (定員20名)
復帰寮⇒第三長崎慈光園
・宿泊型自立訓練「はばたき」(定員30名)
・共同生活介護、共同生活援助「すてっぷ」(定員29名)
・多機能型「ぶろーど」
自立訓練(生活訓練)事業(定員6名)
就労継続支援B型事業(定員20名)
・障害者委託訓練事業
・相談支援事業「あしすと」第四長崎慈光園
・児童入所施設「あすなろ」(定員60名)
・児童短期入所(空床型定員6名)
・児童デイサービス「ホープ」(定員10名)
・日中一時支援事業「じゃんぷ」(定員10名)
・就労助成支援事業
2012年平成24年3月31日日中一時支援事業じゃんぷ 廃止
4月1日多機能型 こども発達支援センターホープ開始(定員10名)
・児童発達支援
・放課後等デイサービス
・保育所等訪問
CH・GH「まろやか荘」開設(定員10名)
2013年平成25年3月1日相談支援事業あしすと開業
3月31日第二長崎慈光園女子棟及び食堂改築
4月1日第四長崎慈光園あすなろ(定員50名に減員)
8月1日CH・GH「いわたて」開設(定員4名)
2014年平成26年4月1日第四長崎慈光園あすなろ 定員40名に減員
第一長崎慈光園 生活介護(定員60名に増員)
8月31日第三長崎慈光園 宿泊型自立訓練はばたき廃止
9月1日GH「はばたき荘」開設(定員17名)
2017年平成29年3月31日多機能型ぶろーど 自立訓練(生活訓練)廃止
4月1日就労継続支援B型事業所ぶろーど(定員25名に増員)
2018年平成30年4月1日GH「はばたき荘」(定員16名に減員)
GH「いわたて荘」(定員5名に増員)
2019年平成31年4月1日こども発達支援センターホープ開設(定員10名)
・児童発達支援(センターで行うもの)
・放課後等デイサービス
・保育所等訪問
令和元年7月1日こども発達支援センターホープ(定員15名に増員)
2020年令和2年6月16日第7代目
理事長
立石一弘