【運営方針】
児童発達支援センター(多機能型)として、地域在住の発達に不安のある子どもたちに対し、早期からの療育、支援を通じて、友達や家族、スタッフと一緒に成長の芽を伸ばすこと、家族への子育てに関する支援や相談に応じること目的とした通所支援事業です。診断の有無等に関わらず早期から療育を実施し、ライフステージに合わせた支援の提供に努めています。現在、保育士、作業療法士、言語聴覚士、心理士のスタッフが一体となって子どもたちの支援を行っています。また、地域の保健・医療・教育と連携を図り支援を実施しています。

【事業紹介】

児童発達支援 放課後等デイサービス 保育所等訪問支援
事業内容 身近他地域で通所として障害をもつ子どもやその家族に対し必要な支援及び療育を行います。 通学中の障害をもつ子どもに対し、放課後や長期休暇を利用して頂き、生活能力の向上の為に必要な訓練及び社会との交流を支援いたします。 保育所や子供が集団生活を営む施設に通う障がいをもつ子ども
サービス内容と支援 個別療育(OT・ST):約45分 ※1
集団療育:1時間~1時間15分 ※2
個別療育(OT):約45分 ※1
集団療育:約1時間 ※2
単独通園: ※3
対象児 心身の発達障害をもつ未就学の子ども 学校教育法に規定する学校(幼稚園、大学除く)に就学している障がいをもつ子ども 保育所、学校等の施設を職員が訪問し、障害をもつ子どもが集団生活へ適応できるよう専門的な支援を行います。
開所日 月曜日~金曜日 月曜日~金曜日 集団療育のみ
第2・4土曜日実施
月曜日~金曜日
開所時間 午前9時から午後5時まで
実施地域 川棚町 波佐見町 東彼杵町 佐世保市 川棚町 波佐見町 東彼杵町

※1 個別療育(OT・ST):運動や理解等に関する発達の評価や子ども一人一人の特性の合わせた支援を行っています。(約45分)
※2 集団療育:少人数で発達に合わせた遊び・社会性やコミュニケーションスキルを育む支援を行っています。(1時間~1時間15分)
※3 単独通園:放課後や長期休暇の居場所の提供を行ったり、普段経験が出来ないような活動を通す事で色々な経験・発見に繋げます。

【サービス内容】
《重点項目》

  • 発達特性や子供の成長に応じ個別療育等で細やかな支援を行います。
  • 発達検査により、根拠に基づいた専門的支援を行います。
  • 保護者のこそだての対する不安や負担に対する支援を行います。
  • 関係機関との連携を行い、児童の地域生活への適応に寄与するよう支援を行います。

1.集団療育

対象 : 年少 ~ 小学3年生
時間 : 1回    1時間 ~ 1時間15分
内容 : 保護者と一緒に通って頂き、2人以上の小集団で年齢や特性に合ったねらいを設定し、
発達に合わせた遊びや社会性、コミュニケーションスキルを育てるプログラムを行っております。

  

2.個別療育(OT・ST)

対象 : 0歳 ~ 小学6年生
時間 : 1回  45分
内容 : 保護者と一緒に通って頂き、子どもさんの発達に応じた課題を業療法士、言語聴覚士、臨床発達心理士のスタッフにより
1対1の場面で支援。必要に応じて発達検査を行います。

 

3.単独通園(放課後活動)

対象 : 小学1年生 ~ 高校3年生
時間 : 学校日   放課後 ~ 17時  (18時まで延長有)
     長期休暇  9時 ~ 17時   (18時まで延長有)
内容 : 放課後の居場所の提供を通して、保護者の就労、及び児童の基本的生活習慣(更衣、排泄、食事等)の確立や、集団の中で他児との適切な関わりを育てる事を中心に支援しております。

4.保育園、学校訪問

対象 : 園や学校に通っている児童
内容 : 児童が通う園や学校を訪問し、他児童との集団生活への適応を高め、訪問先の先生方と支援方法の統一を図ることを目的に療育内容の伝達及びカンファレンス、助言等を実施しております。

福祉型障害児入所施設 あすなろ・短期入所事業(空床型)